2011年02月12日

美しいフォーム

ジョギングをしている人をみていると、さまざまなフォームで走っているのが分かります。
できれば、美しいフォームで走りたいものです。

一般的に美しいランニングフォームというのは、「腰高」と言われるフォームです。
腰高とは、走っている時に、腰を高い位置に保ち、腰を入れて走るスタイルです。
身体の軸がぶれず、脚にも負担がかかりません。

腰高のフォームをつくるためには、背筋を伸ばしてややあごを引きます。
目線は常に高く保つように意識し、重心を高く保つ様にします。
また骨盤の上に上半身がしっかり乗るようなイメージをつくります。
下半身はひざの動きを柔らかくして足の曲げ伸ばしをスムーズに行うことです。
そして身体の重心がみぞおちにあるような意識をして、みぞおちから前にひっぱられるイメージをします。
posted by mymy897622 at 13:58| 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。