2010年09月21日

疲れをとる方法

忙しくてゆっくり休む時間がないという人は多いと思います。

疲れをとる1番の方法は、何より身体を休めることです。
しかし、休息がとれずに悩んでいる人は少なくありません。
そこで、一日乗り切れば明日はゆっくり休める、
という時にすぐ効く疲労回復方法があります。

まずは、休みたいけど休めないというとき。
疲れを今すぐとりたいという時は、
カフェインが入った珈琲などが効果的です。
交感神経が刺激され、集中力が高くなります。
また、ドリンク剤を飲むのも良いです。
しかし、これらの方法では根本的な疲れは改善していないことを理解しましょう。

また、仕事などが忙しくて睡眠不足の時は、
集中していても仕事が、はかどらないということがあります。
そんなときは、昼寝がオススメです。

昼寝の効果は科学的にも実証されています。
昼食を食べた後、5〜30分ほど昼寝をするだけで、
午後からの仕事に集中出来るようになります。

日頃からの生活環境を見直して、
疲れが溜まらないように心がけていきましょう、
posted by mymy897622 at 13:18| 家庭の医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。